初心者Webライターは、ライティング講座を受けるべきか問題について

先日とある掲示板で、大学生が「Webライターになりたい。有料の講座を受けることについてどう思うか聞きたい」という書き込みをしていました。

学生にとっては少し高額の値段だったので、いろんな意見を参考にしてから決めたいと。

それに対して、ある人は「必要な投資だ!頑張って!」と言い、また別の人は「ちょっと待って!独学でも始められるよ!」とありました。

Webライターは副業でも流行っているので、そんな悩みを持っている人も多いのではないかと思い、私の考えを書いてみることにしました。

息抜きに読んでみてねー!

大人になってからの勉強法について

どんなことを勉強するにしても当てはまると思うのですが、ベストな勉強法は独学で始めることです。

基本的には独学からスタートして、必要に応じて有料コンテンツへと移行するのがベストだと考えています。

その理由は、リスクを低くしたいから。

いきなり高額教材を購入して勉強してみたとしても、「興味がなかった」「思ってた内容と違った」ということが起こりかねません。

そうなると勉強を続けられず、購入した費用が無駄になってしまいます。

学生の頃は「勉強→実践」というフローに慣れているかもしれませんが、社会に出て仕事をすると「実践の中で学ぶ」シーンが増えてきます。

時間とお金を気にしないなら大学院で勉強したいし、色んな講座を受講してみたい。でも、現実はそうはいかない。限られたリソースで、実践と独学でベストを尽くすのが大事!

従って、まずは小さく実践して、独学する中で疑問点や深掘りしたい点が出てきたら、有料コンテンツへ進むのがおすすめです。

Webライターはライティング講座を受けるべきか

では話をWebライターに戻しましょう。結局のところ、Webライターはライティング講座を受講すべきなのでしょうか。

2つのケースを考えてみたので、参考にしてくださいね。

受ける必要がないケース

すでに執筆経験のある人は、受講する必要がありません。「ライター」という肩書はなくても、執筆経験を持っている可能性があります。

例えば、以下のような経験のある人です。

  • 広告代理店で働いていた
  • 印刷会社で働いていた
  • PR会社で働いていた
  • 企業の広報部で働いていた
  • ブロガーをしていた

このような経験がある人が、副業などで「Webライターの仕事ができるかな?」と悩んでいるなら、答えは概ねYESです。

どの仕事も、「ライター」専業ではなかったとしても、書くことやPRに知見があるはずなので、Webライターの仕事にダイレクトに活かせます。

発注するクライアント企業のマニュアルをしっかり守って、SEOについて少しネット検索したら、即戦力になるはずです。

その場合、ライティング講座を受講することなく、ライターの世界に飛び込んでも大丈夫です!

受ける必要があるケース

Webライティングの勉強は独学が前提なので、ある程度ライターとしての実績を重ねて「ステップアップしたい」と感じたときに受講することをおすすめします

「自分の書いたものをプロに添削してもらいたい」「確かな知識を吸収したい」

そんなときにライティング講座を受講すると、グン!!とライターとしてのスキルが飛躍するはずです。

かつての私もそうでした。

Webライターとしてデビューして1年近く経った頃、「プロの声を聞いてアドバイスしてもらいたい」という思いが強くなり、10回のライティング講座の受講を決意しました。

私の中でタイミングがすごく良くて、受講後は勢いがついて単価の高い案件や、専門性のある案件を継続的に受注できるようになりました。

Webライティングの勉強法については、こちらの記事に詳細を書いています。ぜひご覧くださいね!

個人vs.企業!?どのライティング講座を受けるべきか

いざ「ライティング講座を受講しよう!今がそのタイミングだ!」となったとしても、ものすごい数のライティング講座があって、迷ってしまいますよね。

私もめちゃくちゃ迷って、かなりリサーチしました。

ライティング講座は、ものすごく大きく分けて「個人のベテランライターさん提供」の講座と、「編プロなど企業が提供」の講座と、2種類あります。

2つの講座の特徴をまとめたので、選択するときの参考にしてくださいね。

個人ライターさんが提供する講座

まず、個人のベテランライターさんが提供する講座です。

個人でWebライターとして活躍しつつ、そこで得た知識や経験を講座という形で提供しています。

個人ライターさんの講座のおすすめポイントを紹介します。

  • 初心者ライターが悩むポイントをよく理解してくれている
  • ママライターなど、自分と似た立場の人が講師になってくれる
  • 講座の価格が低め

SNSでフォローしている憧れのライフスタイルを送っているライターさんや、自分と同じ悩みを持っていたライターさんが多く、親近感を持ちながら受講することができます。

編プロで教えてくれる講師は、クラウドソーシングでの仕事の受注方法など、初心者が悩むポイントは把握していないことがあります。

一方、個人ライターさんはその点を理解しているので、相談しやすいというメリットがありますね。

編プロなど企業が提供する講座

次に、編プロなど企業が提供する講座には、以下のようなメリットがあります。

  • 確かな実績をもとに講座を作っている
  • 企業目線で求められるライター像がわかる
  • 講座の添削内容が良ければ、発注につながる

企業が提供するライティング講座の大きな魅力は、やはり企業(発注者)目線でアドバイスがもらえるのと、今後の仕事につながる可能性がある、という点です。

実は、私は「企業の声が知りたい」「次の仕事につながる講座で勉強したい」という思いが強く、企業が提供する講座一択でリサーチしました。

結果的に、今でも発注をいただきお付き合いが続いているので、とても良かったなあと思っています!

まとめ:Webライティングの勉強は独学から始めよう

初心者がWebライティングを勉強するなら、まずは独学から、そして有料教材へ徐々にステップアップすることがおすすめです!

高いレベルを目指すことも大切ですが、今の実力で精いっぱいできることを探して提供することも、同じくらい大切です。

ライティングに限らず、いろんなスキルを習得するときに役に立つ考え方だと思うので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

大副業時代を、いろんなことに挑戦しながら生き抜きましょー!