Webライターの仕事とは?SEO・取材・PRなど、向いている人やスキルを解説

「Webライターってどんな仕事なんだろう」
「私もWebライターに向いている?」

副業でWebライターという仕事が人気になり、どんな仕事か気になっている人も多いのではないでしょうか。

Webライターはもちろん書く仕事を担いますが、それだけではありません。実は、一言に「ライター」といっても色んな種類があるのです。

そこで今回の記事では、Webライターの種類や具体的な仕事内容、向いている人、基本的な必須スキルを解説します。

皆さんはどの種類のライター業に向いているか、想像しながら読んでみてくださいね!

Webライターの仕事とは

Webライターの仕事とは、メディアやホームページ、SNSやECサイトなど、さまざまなWeb媒体に載せる文章を書く仕事です。

かつてはパンフレットやチラシ、雑誌など紙媒体が主流でしたが、インターネットが普及して多くの人がWeb上で情報を収集するようになりました。

企業や店舗もWeb媒体で商品の宣伝やブランディングを図るようになり、そこで必要になったのがWebライターです。

Webライターは、オンラインが普及したこの時代だからこそ、必要性が高まった職業だといえます。

Webライターの仕事内容のほとんどは、企業から仕事を請け負って執筆する仕事です。つまり、企業が「商品を売る」など目標を達成するために、Webライターはテキストを通じてサポートします。

そのようなWebライターのことを「商業ライター」といい、「Webライター=商業ライター」と認識して問題ないでしょう。

働き方

Webライターの働き方は、人それぞれです。

  • 会社員をしながら副業でWebライティング業務を請け負っている
  • 子育てをしながら扶養内でWebライターとして活動している
  • フリーランスでWebライターとしてガツガツ稼いでいる
  • 旅をしながらWebライティングの仕事をしている
  • 正社員としてWebライティングに携わっている

このように、多種多様な働き方があるのがわかります。

つまり、Webライターという職業は、人生のステージごとに柔軟に変化させながら、長く続けられる仕事だといえるでしょう。

「どんな生活や働き方がしたいか」を考えたとき、Webライターはあらゆるスタイルでもフィットしてくれると思います。

ライターの具体的な仕事内容

「Webライター=商業ライター」と先ほど説明しましたが、実はそれだけではありません。

ここでは、4つの種類について解説します。

SEOライター

SEOライターとは、ユーザーが検索エンジンで特定のキーワードを入力したとき、執筆した記事が上位表示されるよう、工夫できるライターのことです。

そもそもSEO(Search Engine Optimaization)とは「検索エンジン最適化」を意味します。

ライターに発注する企業の多くは、SEOができるライター、つまり検索結果で上位表示されるよう意識して執筆できるライターに仕事を発注したいと考えています。

ライターの求人でも、「SEOライター募集」と書かれていることがあります。

上でお伝えした「商業ライター」に仕事を依頼する企業は、ネット検索で自社メディアが上位表示されることを希望しています。したがって、「商業ライター」と「SEOライター」も、ほぼ同義語で使われることがあります。

インタビューライター

インタビューライターは、その名の通り取材するライターです。企業担当者、店舗オーナー、地域で活躍する人々にインタビューして記事にまとめる仕事です。

インタビューライターの大まかな仕事の流れを見てみましょう。

  1. インタビューする相手に取材日時のアポを取る
  2. インタビューする企業、店舗、人物、業界についてサーチする
  3. 当日する質問内容を練り、事前に相手に送付する
  4. 対面またはオンラインでインタビューする
  5. インタビュー内容を録音しておき、その後文字起こしする
  6. 文字起こしした内容をもとに、構成を作成して執筆する
  7. 完成した記事を相手に確認してもらう
  8. 修正がなければメディアに納品、掲載

インタビューライターの仕事は工程が多いのが特徴ですが、やりがいがあるといえます。取材する相手の生の声を聞くのは楽しいですし、熱のある記事に仕上がるでしょう。

インタビューライターの仕事には、書くスキルだけでなく、傾聴スキルが必須です。

PRライター

PRライターは、企業や店舗のPR業務をサポートする仕事を担います。企業のプレスリリース、事業パンフレット、SNSでの発信など、さまざまなコンテンツの企画から作成、リリース業務に携わります

PRという仕事自体、企業のブランディングに関わる業務です。したがって、社会にどのようなインパクトを与えたいか経営者と話す機会が多くあるのが特徴といえます。

また、PR担当者は企業の顔として活躍することもあり、SNSや商品のお披露目会などで自分自身が露出することもあります。

PRライターは、ライティングスキルだけでなく、マスコミとの関係づくり、企画力なども問われる仕事です。

企業の成長に大きく関わる業務なので、やりがいもあります!

コピーライター

コピーライターは、広告用のライティング業務を担います。ホームページやLP(ランディングページ)のキャッチフレーズ、Web広告、メルマガなどの文章を作成します。

携わる文章は主に販促用であることから、セールスライターと呼ばれることもあるでしょう。広告用の文章を作成するので、消費者が「買いたい」と思ってくれるような文章を書く必要があります。

未経験からコピーライターになりたいなら、広告代理店に就職したり、業務委託で仕事をもらったりするのが一般的だといえます。

売る商品や業界、消費者心理について深く理解する必要があるので、難易度は高めです。

Webライターに向いている人

ライティング業務が未経験の場合「私はWebライターに向いているのかな」と気になる人も多いでしょう。

そこで、Webライターを含めライティングという仕事に向いている人の特徴をお伝えします。

調べて書くのが好きな人

Webライターの仕事は、「調べる」→「執筆する」という順序で行われます。つまり、調べるのが大前提の仕事です。

ライティングの仕事の内訳は、「調べるが7割、書くが3割」という人もいます。私もこれには賛成で、調べる段階で必要な情報をすべてまとめておきます。

すると執筆する段階では、迷わず一気に書けるようになるのです。

つまり、物事をしっかりと調べて執筆する作業が好きな人が、Webライターに向いているといえるでしょう。

大学でレポート作成が苦でなかったり、仕事で報告書やメールの文章を書いたりするのが好きな人は、向いていると思います!

書き方の具体的な方法は、こちらの記事をご覧ください。

細かい部分まで気が付く人

ライティングの仕事は、細かいところに気が付く人が向いているといえます。

  • 構成が論理的か
  • 読みやすい言葉づかいか
  • 句読点の使い方は正しいか
  • 改行は適切に入れられているか
  • 誤字脱字はないか
  • リズム感のある文章か
  • クライアントの要望を反映しているか

このように、1本の記事を仕上げるために細部まで神経を張り巡らせる必要があります。「いっぱいある……」とげんなりしてしまうかもしれませんが、数をこなせば慣れるので心配しないでくださいね。

もちろん初めから全てできないので、誤字脱字などから気をつけましょう。

情報を伝えるのが好きな人

Webライターに向いている人の特徴として、「面白い情報を伝えたい!」「誰かの役に立つ情報を発信したい!」という思いがある人があげられます。

好奇心が旺盛で、知らないことを発見するのが好きな人が向いているといえるでしょう。

私もお得で役に立つ情報を人に伝えるのが大好き!ライターの仕事はとても向いていると自分で思います。

【未経験】Webライターになるために必要なスキル

では、未経験者がWebライターとして仕事をするために必要なスキルを解説します。

パソコンスキル

まずは、パソコンスキルです。Webライターがパソコンで使うソフトやツールは次のとおりです。

  • Word…原稿執筆
  • Googleドキュメント…原稿執筆
  • Googleスプレッドシート…キーワードやスケジュール管理
  • Chatwork…クライアントと連絡ツール
  • Slack…クライアントと連絡ツール
  • Zoom…オンラインミーティング

もう一つWebライターとして必要なのが、パソコンのタイピングスキルです。タイピングスピードは、速ければ速い方が良いです!

ブラインドタッチでタイピングスピードが速ければ、業務効率化につながります。

苦手な人は、こちらのタイピング練習サイトでぜひ練習してみてください。

https://www.e-typing.ne.jp/

定期的に練習すれば、レベルアップしてタイピングスピードが上がります!

コミュニケーション力

Webライターの仕事は、基本的に一人で黙々と作業しますが、意外とコミュニケーション力も必要です。

  • 新規クライアントに営業をかける
  • 執筆に関して質問をする
  • 納品の連絡をする
  • 単価交渉をする
  • 取材する

コミュニケーションがスムーズだと信頼関係を築きやすく、長期契約につながりやすくなります。「また依頼したい」と思われるライターになるために、丁寧なやり取りを心がけましょう。

自己管理能力

Webライティングの仕事は、パソコンがあればどこでも仕事できます。副業やフリーランスで仕事を請け負うなら、作業時間も場所も自分次第です。

自由に仕事できる反面、自己管理能力がなければダラダラ過ごしてしまい、納期ギリギリに焦って提出してしまうことも。

ライターの仕事は常に納期に追われているので、オンとオフのメリハリをつけるスケジュール管理能力が必要といえるでしょう。

執筆中はスマホを見ない、静かな場所で作業するなど、集中しやすい環境づくりが大切ですね。

おわりに

Webライターは商業ライターとも呼ばれ、企業活動をサポートする重要な仕事を担います。

未経験でもWebライティングの仕事に挑戦でき、興味があれば取材ライターやコピーライターなど幅を広げられます。

WebライターになるならSEOの知識も勉強すれば、スキルアップできるでしょう。

Webライターの仕事は書くだけではありません!ゲームみたいに一歩ずつクリアしていけば、活躍できるライターになれます。お互い頑張りましょう♪